ブログ、サイトのバックアップを取る「巡集」

例えば無料のブログなどを利用していた場合たまに、規約違反による削除やサービス終了などによるブログの削除があります。もちろん通常のレンタルサーバーを借りてのサイト運営でもいつなにかの拍子でデータが飛んでしまうかもしれません。

もしそのようなことが起こってしまうとアフィリエイト収入はなくなってしまいますし、バックアップをとってないと復旧作業に相当時間を要します。記事数、ページ数が多い場合、へたをすると復旧不可ということも十分に考えられます。

そんな時にブログやサイトのバックアップさえあれば、比較的早く復旧できますよね?そんなバックアップ作業を簡単にしてくれるツールを紹介します。

巡集
指定されたウェブサイトをオフラインで閲覧できるように保存

このツールを使用すれば、サーバに置かれているアフィリエイトブログ、サイトなどのデータを丸ごとダウンロードしてくれます。画像からスタイルシートまでダウンロードしてくれますのですぐにバックアップを取ることができます。一ヶ月に一度でもいいからバックアップを取ることをおすすめします。

私もちょこちょこバックアップのために利用させていただいています。
いざというときのために絶対にバックアップをとっておきましょう。

キーワード出現頻度解析

自サイトやライバルサイトのキーワード出現頻度解析することができるツール。SEO対策や自サイトのキーワード頻度のチェックに使用。

キーワードの割合は一般的に多すぎるとペナルティになるといわれているが、実際は15%などで上位表示されているサイトもあるのであくまで参考程度にしておきましょう。

ただし、キーワードの連呼などのあからさまな行為はペナルティになり、逆に順位の低下につながることもありえますので、あくまで自然にキーワードをちりばめていきましょう。

あくまでそのページの総単語数から見た割合が重要です。すなわち総単語数が少ないページは必然的にキーワードの割合も高くなり、総単語数の多いボリュームのあるページだとキーワード出現頻度は低くなるのが普通なので、意識しすぎずに自然にキーワードをちりばめていきましょう。

キーワード出現頻度をチェックするには

キーワード出現頻度解析

を使うと便利です。

解析画面サンプル
key2.JPG

解析オプション
key3.JPG
解析オプションの指定などもできますので自分の思うように解析することが可能です。自サイトの状況をチェックしておくことをおすすめします。

関連記事:キーワード出現頻度

ウィキペディア(Wikipedia)

フリーの百科事典であるウィキペディア(Wikipedia)
管理人はこのサイトもよく利用している。
情報収集のツールとしてお世話になっております。

これは新たな記事やサイトを作成するためにわからない事を調べるために使用する。ここで調べればたいがいの情報は出てくるので、たとえ全く知らないジャンルのサイトを作成するにしても、ウィキペディアと色々なサイトで情報収集すれば、全く知らないジャンルのサイトでも作成可能になる。

とにかく調べ物をする場合はまずここを利用することをおすすめします。非常に使い勝手の良い情報サイトです。

ウィキペディア(Wikipedia)
フリー百科事典

HTML文法採点ツール

アフィリエイトで稼ぐにあたり必須なのがSEO対策。自分でできるSEOに自サイトのタグの編集があります。キーワードをマークアップしたり、サイト構造を編集したりするのですが、この時のHTML文法の間違いをチェックして採点してくれる便利なツールがこれ。

Another HTML-lint gateway
HTML文書の文法をチェックし、採点します

このツールを使用すれば、あなたのサイトのHTMLが正しく書かれているかを採点してくれます。最高は100点満点です。ただ、100点になったからといって必ずしも検索順位が上がるというものでもありません。あくまで正しい書式かをチェックしてくれるだけです。

実際には点数が低くても上位に表示されているサイトはたくさんありますが、文法的な誤りが少ないということは、順位のアップにプラスにはなってもマイナスにはならないと思いますので、点数が高いにこしたことはないと考えています。

ただ、アフィリエイト広告やフリーのCGIなどを貼り付けると、その広告のタグがたいがいマイナス要因になりますのでその辺はあまり気にしすぎる必要はないと思います。テンプレートそのもののタグの閉じ忘れなどのチェックに使用すればいいと思います。

ちなみに私は新しくテンプレートを作ったとき、またはサイトリニューアル時に利用して極力正しい文法になるようにしています。

Pingoo!(ピングー)

このサイトでもメインで使用しているping一斉送信ツール。使用はもちろん無料でできます。複数のサイトで利用するには各サイトごとに登録が必要です。

Movable Typeを使用しているこのサイトでもよくある事なのですが、pingを大量に送信すると、タイムアウトやエラーなどが出て結構うっとおしい物です。そこを解消してくれるのがこのツール。

「Pingoo!」に登録しPingoo!が指定したURLにPingを飛ばすだけで、Pingoo!が用意している複数(2007年2 月6日現在:21ヵ所)の送信先に一気にPingが飛ばされるようになります。一つのping送信で複数のサイトにpingを送信してくれるので、ブログを使用している方は是非利用していただきたいツールです。

Pingoo!(ピングー)
ブログの記事を複数のPINGサイトへ一斉配信。

Googleウェブマスターツール

Googleに関する対策をする上で重要なツール。Googleウェブマスターツールにサイトを登録してサイトの確認を完了すれば、グーグルにおけるサイトの運用管理、サイトデータなどが簡単に表示されます。

自サイトのクロール率やクロールエラー、ページ分析、検索クエリの表示、インデックスに関する情報など多種多様なデータが表示されます。

さらに自サイトの外部リンク、内部リンクがすべて表示されていると思われ、SEO対策にも威力を発揮します。他にも重要なのはグーグルサイトマップの登録が可能であり、グーグルに自分のサイトのクロールを促す効果も期待できる。サイトマップは是非利用したい。

Googleウェブマスターツール
グーグル対策をするにあたり、絶対はずせないツール

グーグルサイトマップについての作り方と登録方法の詳細はGoogleサイトマップの作り方をご覧ください。

グーグルウェブマスターツールメイン画面
googleweb.JPG

内部リンク表示
googleweb2.JPG
このように内部リンクの数などが表示される。他に外部リンクも表示してくれます。

ページ分析
googleweb3.JPG
自サイト内のコンテンツ、またどのような語句でリンクされているかも表示されます。

クロール率
googleweb4.JPG
自サイトのクロール率などもわかりやすく表示されます。

他にもグーグルウェブマスターツールには多数のデータが表示されます。これを見ると自サイトがgoogleにどのように見られているかがよくわかります。これを元に対策を考えていく必要があるでしょう。非常に重要なツールです。

公式ブログ
Webmaster Central 日本版 公式ブログ

その他のwebマスターツール
ヤフーサイトエクスプローラー
Live Search Webmaster Center

各webマスターツールのサイトマップ登録方法
Googleサイトマップの作り方
MSN(Live Search)のサイトマップ登録方法
ヤフーサイトマップの登録方法

キーワードアドバイスツール

*ツールのサポートが終了したため、キーワードアドバイスツールに代わる厳選ツールをご覧ください。

アフィリエイトで稼ぐにはキーワードが重要です。稼げないキーワードでいくらアフィリエイトをしても稼げるわけがありません。そこで必須となってくるのがキーワードアドバイスツールです。

検索数がわからないと、その商材の規模がわからないので、サイトを作って検索エンジンの上位に表示されたはいいが、一日に2、3人しか訪問者が来ないなどの状況は最悪です。そのようなキーワードはそもそもビジネス向けではありません。

もし何も知らずにサイトを作成してそのような状態になってしまったら労力が無駄になってしまいます。

このツールを使えばキーワードの月刊検索数をある程度知ることができます。使い方はボックスに検索数を調べたいキーワードを入力するだけで簡単に検索数を調べることができます。これを知っているのと知らないのとではアフィリエイト収入に大きく差がでます。是非使いこなしたいツールです。

キーワードアドバイスツール
月間検索数を知る上で重要なツール。

解析画面
key.JPG

サイトのメインキーワードを選ぶ際の私の使い方としては最低月間検索数10000以上のものを選んでます。サイトの個別ページのキーワードは関連キーワードをちりばめるなどするとよいでしょう。

さらに私の場合は長期運営を考えたサイトを作成する場合は10万件以上などのビッグキーワードを選びます。ただその場合は当然激戦が予想されますので、そう簡単には勝たせてもらえないでしょう。慎重に決めてください。

キーワードアドバイスツールを使わないとアフィリエイトでの成功はありえないと思うぐらい重要なツールです。

多くの人が利用しているせいかたまに重い時があり、エラーになったり表示されなかったり遅い時がありますので、そういう場合は時間をおいて使用するのがいいかもしれません。

追記:
キーワードアドバイスツールのサポートを終了
キーワードアドバイスツールのサポートが終了してしまいました。今現在表示されるデータは2007年4月のものです。ご了承下さい。

関連:
キーワードアドバイスツールに代わる厳選ツール

ブログパーツ