アクセストレードアイテムサーチ

アクセストレードのアイテムサーチがリニューアルしました。
アクセストレードは人気のアフィリエイト広告代理店(ASP)で、非常に使いやすい管理画面と豊富な提携先が魅力のASP。今回より使いやすくするためにアクセストレードのアイテムサーチがリニューアルしました。


これはアクセストレードWEBサービス(55店舗100万点を超える商品データ)を使った、商品リンクの作成が簡単にできるツール。検索窓にキーワードを入れてリンク作成をクリックするだけで商品リンクができてしまいます。

商品リンクをよく使用する方には是非とも利用してもらいたいサービスです。今回のリニューアルで商品名のみのリンク生成や画像サイズの調整が可能になりました。

使ってみた感想ですが、とにかく使いやすいの一言。
検索してリンク作成ボタンを押すだけですのでサクサクリンクが作成できちゃいます。
絶対使用をおすすめします。

関連記事:アクセストレード

リンクシェアの第5回アフィリエイト大見本市開催決定!

日本最大級のアフィリエイトのイベントである「第5回アフィリエイト大見本市」が4月21日、東京・有明にて開催されることが発表されました!

アフィリエイト大見本市はリンクシェアと提携しているECサイトの商品を直接見て、触れて、試すことができる人気イベント。ECサイトの担当者と直接話ができるチャンスもあり。

私も正直参加したい!でも私は関西なのでだいぶ遠い!!
さすがにスケジュール的には正直きついか?
お近くにお住まいの方は是非参加をおすすめします。

ちなみに全開は中山うりさんの生ライブがあったり、セミナー、スタンプラリー、レビューコンテストなどが開催されました。今回の定員は800名ということで興味のある方は是非おすすめします。

リンクシェア第5回アフィリエイト大見本市

4月21日は臨海副都心へ「第5回アフィリエイト大見本市」開催決定!

関連記事:リンクシェアリンクシェアレビューアフィリエイト

リンクシェア、アフィリエイト向けSNSサービス開始

あの大手ASPであるリンクシェアがアフィリエイト向けのSNSサービス「アフィリエイトSNS 結(ゆい)」を2月15日に公開しました。

参加方法は

リンクシェア・ジャパンが提携しているアフィリエイトおよびECサイトに限定した、会員制コミュニティ型ウェブサイト「アフィリエイトSNS 結」が2月15日から開始。参加にあたっては、リンクシェア・ジャパンからの招待を必要とするクローズド型のSNSとなります。


4月からリンクシェアに登録している全アフィリエイトが参加可能ということ。
それまでに招待状が届くらしい。

サービス内容に関しては

サービス内容としては、プロフィール、写真の公開や趣味、地域などテーマを決めて掲示板で交流する場、予定・誕生日などが書き込めるカレンダーなどSNSの一般的機能に加え、アフィリエイター同士が交流し易いサービスも備えました。
アフィリエイト向け独自サービスにより、アフィリエイト歴・アフィリエイト報酬額・運営サイトカテゴリー・リンクシェアのイベント参加歴などアフィリエイト関連に特化した情報が入力できます。広報室ブログより


とのこと。私自身はまだ参加していないのだが、招待状がくれば是非参加したいものである。今から楽しみにしておくことにする。みなさんもリンクシェアに参加しているのなら、情報交換などの交流の場に是非使用していただきたい。

ポケットアフィリエイトでフィッシング詐欺

なんとついにアフィリエイトのASPにもフィッシング詐欺が発生した模様です。

このたび、ポケットアフィリエイトを模倣したフィッシング詐欺サイトの存在が確認されました。今回、当サイトで確認したサイトは、一見して本物のポケットアフィリエイトと見分けがつきにくく、そのウェブページ上でログイン(ID、パスワード入力)をすると、お客様のログイン後の画面が表示されないものでした。

このウェブページにて個人情報(IDやパスワードなど)を入力いたしますと、模倣サイトに情報が送信されてしまう可能性もございます。安心してご利用いただくためにも、以下の<注意事項>を参考にセキュリティー管理をお願いいたします。

フィッシング詐欺サイトを見つけたら....。
Q1.フィッシング詐欺とは・・。
「フィッシング詐欺」とは、実在する企業からの正規なウェブページを装い、個人情報(IDやパスワードなど)をだまし取る詐欺のことです。

Q2.フィッシング詐欺サイトを見てしまった場合
フィッシング詐欺サイトを表示しただけでは、個人情報が盗まれることはございませんが、少しでも怪しいと感じたら、そのページからIDやパスワードなど個人情報を入力しないようにお願いいたします。

Q3.すでにIDやパスワードを入力してしまった場合
フィッシング詐欺サイトにIDやパスワードなどの個人情報を入力してしまった場合は、できるだけ早くパスワード変更の手続きを行ってください。
【重要】ポケットアフィリエイトの名を騙る詐欺行為にご注意ください (2007/1/24)より

正直いいまして不愉快極まりないことです。
このようなことをする知識や技術、時間があればもっと有効に利用して欲しいものです。
利用者の方々はパスワードの変更などの対処をしておいたほうが良いと思います。
このようなことを防ぐためにもアクセスしているサイトのアドレスを確認するなどの対処がアフィリエイト利用者にも求められています。自分の身は自分で守るしかなさそうですね。

Amazonのポイントサービスが始まりました

2007年2月1日8時15分より、Amazonでポイントサービスが始まったとのことです。

Amazonポイント
2007年2月1日午前8時15分より、お得な「Amazonポイント」サービスを開始しました。 Amazonポイントは、お買い上げ商品に応じて Amazonポイントが貯まり、貯まったポイントはAmazon.co.jp でのお買い物に1ポイント=1円で使うことができます。
Amazonポイントが付く商品には詳細ページや検索結果ページなどにポイント数が表示されます。

ようやくというか今さらかよという感じもありますが、アマゾンでポイントサービスが始まりました。ちなみにですが、Amazonのアフィリエイトに関しては自己購入が不可能なので、自分で購入する場合にも便利になります。

私もアマゾンはよく利用させてもらっているので正直に嬉しいですね。
1500円以上で送料が無料なので、本をまとめ買いするには便利です。
この機会にAmazonを是非ご利用してはいかが?

楽天がAPI(ベータ版)を公開

今さらですが、気になったので一応ご報告。
あの楽天がようやくAPIを公開した模様です。

ネットサービス大手の楽天の三木谷浩史社長は27日、フジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、仮想電子取引市場「楽天市場」の商品情報を他の企業が自由に活用し独自のサービスを展開できるようにする計画を明らかにした。

データベースにアクセスするための仕様である「API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)」を来年1月中旬から試験公開する。

三木谷社長は、「楽天市場では、1500万もの商品が紹介されており、“楽天経済圏”を形成している。APIの公開で、求心力をさらに高めたい」と述べ、電子商取引の一段の拡大に自信を示した。

楽天では、公開により、楽天市場の取引高が最大で15%増加するとみている。
米国では、書籍販売サイトの「アマゾン・ドットコム」がAPIを公開し、事業拡大につなげたことが知られており、企業秘密をあえて公開することで新たなビジネスチャンスをつかむ手法として、世界的にも注目が集まっている。
楽天、商品データベースAPIを試験公開へ

APIとアフィリエイトといえばアマゾンのアフィリエイトプログラムである「アマゾンアソシエイト」が代表的。APIの利用に関してはプログラミングなどの知識がないとちょっと利用が難しく、初心者向けではないんですけどね。

ただ、これを利用できると、広告の管理がかなり楽になり、自動で更新可能なので是非使いこなしたいですね。フリーのツールなどもありますので、初心者でも利用は可能です。
アフィリエイトを楽にするためにもより詳しく自分で勉強されることをおすすめします。

ブログパーツ