Yahooカテゴリ登録のコツ

前のページでYahooカテゴリ申請のコツを解説しましたが、今回はyahooサーファーが見に来た後、審査に合格しYahooカテゴリ登録されるためのコツを体験談から解説します。

私の経験から見るYahooサーファーの傾向
1、意外に2,3ページしか見ていない。
2、各ページを見る時間は1分程度(以内)が多い。
3、見に来ていきなり登録、もしくは次の日また来て登録。

一見吟味して審査しそうなイメージがありますが、意外に2,3ページしか見ていないことが多いです。さらに各ページは1分以内で去っていく事が多い。(まあ1分あれば1ページぐらい読めるかな?)

これらのことから私の推測ですが単純に「Yahooサーファーは忙しい」と思います。あくまで予想ですが何しろYahooカテゴリ登録を目指しているウェブマスターは非常に多く、単純に見て一日数百、数千とかのカテゴリ申請が来ているものと思われます。だから審査にすら来てくれないという状況になるのでしょう。

3はYahooカテゴリ登録される場合の傾向です。
審査に来た後のパターンは

審査に来る→数時間後メール連絡or音沙汰なし(不掲載)
審査に来る→次の日また来る→メール連絡or音沙汰なし(不掲載)

審査に来てその日にメールなどはわかるのですが、次の日にまた来るというのはどういうことなのかいまいち私にはわかっていません。次の日にまた来るぐらいですから、カテゴリー登録システムの中にブックマーク機能みたいなのがあってそこにちょっと置いてあるのかもしれません。あくまで仮説ですが、

登録しようかなぁ?どうしようか?(迷っている)
更新されてるかな?(更新頻度チェック)
なんとなくよさそうなんだけど、上司に聞いてみようか?(助言)

とまあこれらがあくまで経験と仮説によるYahooサーファーの傾向です。これらを踏まえた上で、私が行っている対策は、

Yahooカテゴリ登録のためのコツ
1、見た目
2、ナビゲーション
3、独自コンテンツを目立たす
4、サーファーが訪れたらその日に更新

第一印象は大事です。少なくともTOPページを見て、デザインが汚い、わかりにくいと思われたらその時点でサーファーは帰るでしょう。彼らは忙しいのです。ですのでサイトデザインは重要です。できればバックが黒などのやたら恐いそれ系のデザインはやめておきましょう。

とにかくナビゲーションは大事です。サーファーがどのコンテンツを見たらいいのかがわかるように適切に配置しましょう。できればシンプルがベストです。参考はYahoo!JAPANYahooカテゴリなんかを参考にしてください。さらにできれば独自コンテンツを目立たせてください。といってもレイアウト上一番上に持ってくるとかが無理な場合があるので、画像で装飾するなどして目立たせるとわかりやすいです。

さらに更新履歴などがある場合、サーファーが訪れたら(アクセス解析にログが残ります)、次の日にサーファーが来るのを想定してその日中にサイトを更新しておきます。できれば渾身のページを作成してください。次の日に来た時見られる可能性は十分にあります。

以上が私が常に気をつけているYahooカテゴリ登録のコツです。一つの考え方としてお役に立てば幸いです。もしうまくいったら、
yahoocat.JPG
こんなメールが届くかもしれませんよ。
Yahooメールに届いた時の画像)

Yahooカテゴリ申請のコツ

Yahooカテゴリ登録とその効果でもお話したようにYahooカテゴリ登録をすると私の経験上アクセスアップが見込めます。しかし実際に登録されるのは簡単ではありません。根本的な問題としてサーファーが来てくれないというのが多いです。

ここが非常に重要なポイントです。たとえあなたのサイトがどんなにいいコンテンツを持っていても、審査されなければYahooカテゴリ登録はありえません。カテゴリ登録にはコンテンツの質だとよく言われますが、コンテンツ以外にも「審査されること」への対策が必要になってきます。ここが実は結構ポイントです。コンテンツにこだわりすぎて、ここを考えていない方が多いのではないでしょうか?Yahooカテゴリ申請のコツを以下に説明します。

登録数が少ないカテゴリーは狙い目
基本的な事ですが、カテゴリー自体の登録数が少ないところに申請すると審査率も高く、コンテンツ内容が大したことなくても受かる可能性が高いです。私自身1日で作った即席サイトでも掲載実績あります。目安としてはカテゴリーの登録数が10以下ぐらい。5以下とかであれば最高です。

コメントの書き方
ここも重要ポイントです。サイトの登録申し込み手順によれば

客観的・具体的・簡潔に、全角40字以内でサイトの内容を紹介してください。広告的な表現は用いないでください(「奇跡の」「最高の」「日本初」など)。HTMLタグ、記号や特殊文字(機種依存文字など)は使用できません。

とあります。完全に従ってください。ポイントは「Yahooサーファーが手直ししなくても良い文章」が基本です。実際にどのような文章なのか?ということについてですが、「今現在Yahooカテゴリに登録されているサイトの文章を真似する」ということです。

ぶっちゃけた話、恐らく申請するカテゴリーに登録されているサイトとあなたのサイトの内容はかなり似通っているはずです。したがってコメントの文章も似ていて良いのです。私がよく使う申請方法は「すでに登録されているサイトのカテゴリーコメント文をつなぎ合わせる」です。

これで客観的・具体的・簡潔にサイト内容を伝えることができ、サーファーの手直しも必要ないでしょう。実際この方法でカテゴリーに登録されたサイトはコメント文を手直しされたことがありません。コメント文の編集はサーファーにとってめんどくさい作業です。ですから、できるだけサーファーに嫌われないようにコメントをつけましょう。

付記の書き方
もうひとつ重要なポイントに付記があります。これは全角200文字以内でサイトのアピールポイントを伝えるというもの。ここでみなさんがんばってアピールするわけですが、私の場合はここも簡潔に書きます。考え方としては「あえて逆のことをして目立つ」です。「自信があります」だけで登録されたサイトもあります(笑)

以上のことを踏まえてYahooカテゴリに申請してみてください。もしかしたらサーファーが見に来てくれる可能性が上がるかもしれません。あらかじめいっておきますが、このアドバイスはあくまで私の経験に元づいて作成されており、必ずしもYahooサーファーが訪れるのを保証するのではなく、またYahooカテゴリに登録されることを保証するものではありません。申請の際の参考程度にどうぞ。

ブログパーツ