Yahooカテゴリ申請のコツ

Yahooカテゴリ登録とその効果でもお話したようにYahooカテゴリ登録をすると私の経験上アクセスアップが見込めます。しかし実際に登録されるのは簡単ではありません。根本的な問題としてサーファーが来てくれないというのが多いです。

ここが非常に重要なポイントです。たとえあなたのサイトがどんなにいいコンテンツを持っていても、審査されなければYahooカテゴリ登録はありえません。カテゴリ登録にはコンテンツの質だとよく言われますが、コンテンツ以外にも「審査されること」への対策が必要になってきます。

ここが実は結構ポイントです。コンテンツにこだわりすぎて、ここを考えていない方が多いのではないでしょうか?Yahooカテゴリ申請のコツを以下に説明します。

登録数が少ないカテゴリーは狙い目

基本的な事ですが、カテゴリー自体の登録数が少ないところに申請すると審査率も高く、コンテンツ内容が大したことなくても受かる可能性が高いです。私自身1日で作った即席サイトでも掲載実績あります。目安としてはカテゴリーの登録数が10以下ぐらい。5以下とかであれば最高です。

コメントの書き方

ここも重要ポイントです。サイトの登録申し込み手順によれば

客観的・具体的・簡潔に、全角40字以内でサイトの内容を紹介してください。広告的な表現は用いないでください(「奇跡の」「最高の」「日本初」など)。HTMLタグ、記号や特殊文字(機種依存文字など)は使用できません。

とあります。完全に従ってください。ポイントは「Yahooサーファーが手直ししなくても良い文章」が基本です。実際にどのような文章なのか?ということについてですが、「今現在Yahooカテゴリに登録されているサイトの文章を真似する」ということです。

ぶっちゃけた話、恐らく申請するカテゴリーに登録されているサイトとあなたのサイトの内容はかなり似通っているはずです。したがってコメントの文章も似ていて良いのです。私がよく使う申請方法は「すでに登録されているサイトのカテゴリーコメント文をつなぎ合わせる」です。

これで客観的・具体的・簡潔にサイト内容を伝えることができ、サーファーの手直しも必要ないでしょう。実際この方法でカテゴリーに登録されたサイトはコメント文を手直しされたことがありません。コメント文の編集はサーファーにとってめんどくさい作業です。ですから、できるだけサーファーに嫌われないようにコメントをつけましょう。

付記の書き方

もうひとつ重要なポイントに付記があります。これは全角200文字以内でサイトのアピールポイントを伝えるというもの。ここでみなさんがんばってアピールするわけですが、私の場合はここも簡潔に書きます。考え方としては「あえて逆のことをして目立つ」です。「自信があります」だけで登録されたサイトもあります(笑)

以上のことを踏まえてYahooカテゴリに申請してみてください。もしかしたらサーファーが見に来てくれる可能性が上がるかもしれません。あらかじめいっておきますが、このアドバイスはあくまで私の経験に元づいて作成されており、必ずしもYahooサーファーが訪れるのを保証するのではなく、またYahooカテゴリに登録されることを保証するものではありません。申請の際の参考程度にどうぞ。

このページの先頭へ