アドセンス広告カラーの基本

グーグルアドセンス広告にはカラーパレット機能があり、広告のリンクのカラーリング、文字色、枠の色などのカラーリングを自分で選ぶことができます。これらをうまく利用することでクリック率を上昇させることができます。

アドセンスで稼ぐために重要なことの基本は「サイトのデザイン、カラーになじませる」ということです。結論をいいますと、

  1. リンクの色は青(もしくはサイトで設定したリンク色)
  2. 広告枠を消す

これが基本です。ユーザーはサイトデザインを見て、訪れたサイトのリンク色を無意識に判断します。あなたも大体どんなサイトを訪れてもリンクはこの色だということを判断できますよね?その色と同じ色に設定しましょう。

広告の枠をつけていると、ユーザーは無意識に広告だと思ってしまうことがあるから取り外します。あくまで、文章やコンテンツになじませるのが基本なので、枠は外しておきましょう。いかにも広告だと思われてしまうとクリック率が低下する可能性があります。

カラーに関する基本はあくまでサイトのデザインになじませること、広告だと思わせないことが重要です。これはあくまで基本ですので、例外ももちろんありますが…。まず基本事項としてこれを覚えておきましょう。

注意点として、あまりにもなじませすぎて広告とコンテンツが同じに見えるなどの場合は逆に規約違反にもなってしまいますのでやりすぎは禁物です。

このページの先頭へ