セクションターゲットでアドセンスの広告精度をコントロール

グーグルアドセンスの強みは掲載しているページのコンテンツを自動的に解析し、それにマッチした広告を配信するのが特徴です。しかし、実際のサイトやブログでは共通のサイドバーやナビゲーションがあるために、必ずしもそのコンテンツにマッチした広告が出ない場合があります。それを解消するのが「セクションターゲット」という機能です。

セクションターゲットとは要するに、そのページに関連した広告を表示させるため、「ページのこの文章に関連する広告を表示させてくれ」ということをアドセンスに知らせることができるという機能です。具体的な使用方法は下記に

セクションターゲットの利用方法

<!-- google_ad_section_start -->
アドセンスに関連広告を強調したいコンテンツ
<!-- google_ad_section_end -->

このように強調したい文章の前後に上記のようなタグを追加します。これでタグに囲まれた部分をアドセンスが読み込み、囲まれたコンテンツにマッチする広告を表示してくれます。

逆に、アドセンスに無視してもらいたい文章を指定する事もできます。その場合、

<!-- google_ad_section_start(weight=ignore) -->
アドセンスに無視してもらいたいコンテンツ
<!-- google_ad_section_end -->

これで上記に囲まれた部分は無視してくれます。セクションターゲットを使えば、ある程度アドセンスで表示される広告をコントロールすることができます。

ちなみにGoogleによるとこの設定をしたあと、設定が反映されるまでには最高2週間程度かかるとのことです。また必ずしも効果があるとは限りません。コンテンツがあまりにも少ない場合などは有効には機能しないかもしれません。

アドセンスの広告があまり各ページに合っていない場合などには重宝するテクニックです。そのような問題で困っている方はぜひ一度試してみることをオススメします。

このページの先頭へ