着物塾>>着物の種類と用途> 訪問着の種類と用途

訪問着の種類と用途

訪問着とは既婚、未婚を問わずに使用できる準礼装の着物です。明治時代に洋服の「ビジティング・ドレス」に当たる着物として考え出されたため、意外に歴史は浅い。

訪問着が考え出された当初は正装の一つであったため、三つ紋を入れるのが普通だったが、現在では入れないことが多く、無理に紋を入れる必要はない。 模様は振袖と同じく絵羽模様になっている。

絵羽模様は着た時に柄が一枚の絵のようになっており、総柄で非常に豪華な着物で格の高い着物に用いられる。

用途は結婚式(親族以外の場合)、結納、お茶、パーティー、入学式、卒業式など基本的に式事などに使用できるので訪問着の着用範囲は広く、とりあえず一枚持っておくと便利な着物である。

もちろん既婚者、独身者どちらも着用が可能です。既婚者にとっては一番華やかな着物になります。

コーディネートとして、帯は袋帯や織りの名古屋帯や綴などが一般的で、帯揚げには絞りやぼかしなどを合わせると良いでしょう。

半衿は正式な場所では基本的に白。パーティーなどでは薄い色や刺繍の半衿をつけても良いでしょう。

また最近は紬の生地で出来た紬訪問着も存在する。紬は普段着の着物なので、紬で出来た紬訪問着は訪問着ではあるが、結婚式など公式な場所では着用できない。 紬訪問着はパーティー程度までの用途になる。それ以上は通常の訪問着を着用しよう。


きもののことなら京都きもの市場へ!

着物ファン
着物の用途や用語集等着物の解説サイト。