着物塾>>着物の種類と用途> 振袖の種類と用途

振袖の種類と用途

振袖とは袖の長い着物で、未婚女性の第一礼装、すなわち最も格の高い着物です。 また、振袖の中にも大振袖、中振袖、小振袖の3種類があり、それぞれ袖の長さが違います。

袖の長さは大振袖(三尺三寸〜三尺 約124〜114センチ)、中振袖(二尺五寸〜六寸 約95〜99センチ)、小振袖(二尺〜二尺三寸)であり、袖が長いほうが格が高い。 すなわち格の高さは大振袖>中振袖>小振袖の順番になります。

柄の特徴は華やかな絵羽模様が特徴。生地には綸子や縮緬が使われることが多いです。友禅染めを基本に、絞り染め、刺繍、金箔などまさに豪華絢爛といった柄が多いです。

合わせる帯は錦織りや唐織りの豪華な袋帯を合わせ、金銀が織り込まれた帯締め、絞りの帯揚げなどを合わせます。

半衿は白を基本に伊達衿で一本鮮やかな差し色を持ってくると現代的な着こなしになります。

用途は、大振袖は花嫁衣裳やお色直し、中振袖は成人式や新年会、結婚披露宴、謝恩会、初釜やパーティーに用い、小振袖はパーティーなどで使用されます。

ただし、今現在市販されている振袖はほとんどが大振袖で、中振袖や小振袖はほとんど売られていません。 ですので、成人式や友人の結婚式には一般的に振袖と言われている大振袖で出席して問題ありません。 ちなみに大振袖は本来第一礼装ということで5つ紋を付けるのが正式ですが、現在では省略され、付けなくてもかまいません。


きもののことなら京都きもの市場へ!