着物塾>>着物の種類と用途> 色無地の種類と用途

色無地の種類と用途

色無地とはその名前の通り、一色で染められた無地の着物のことです。必ず一枚は持っていたほうがいいと言われる着物の一つです。 そう言われるのは非常に用途が幅広いためです。

なぜかというと、色によって吉凶両用に使用できるほか、紋の有無、合わせる帯や小物によって大きく格が変化するからです。

紋についてですが、色無地に紋を入れる場合、一般的には五つ紋・三つ紋・一つ紋のどれかになります。これにより格が変わってきます。 五つ紋を入れれば非常に格が高い礼装、黒色をした色無地に五つ紋が入っている場合はいわゆる喪服になります。

三つ紋を入れれば、訪問着よりも格が高い準礼装として着用することが可能です。一つ紋の場合は訪問着よりも格が低い略式の礼装になります。

最近の色無地の紋は一つ紋が一般的になってきています。紋を入れない場合も多く、紋が無い場合は普段着としての着用も可能です。

さらに色によって吉凶両用に使えます。暗い色は凶事、明るい色は吉事に使用します。紫、緑、藍、鼠色などの色は吉凶両用に使用でき非常に用途が広いです。

用途としては、お子様の入学式、卒業式、七五三、通夜などに使用します。また華美を避ける茶席で使用する着物としても欠かすことはできません。


きもののことなら京都きもの市場へ!