着物塾>>着物の種類と用途> 小紋の種類と用途

小紋の種類と用途

小紋とは着物でいうところのいわゆる普段着、お洒落着にあたります。例外である江戸小紋を除き、基本的に紋は入れません。 その名の通り小さい柄が同じパターンで繰り返されているものが多いです。現代の服でいうところのプリント柄と言ってよいでしょう。

柄の付け方は総柄、飛び柄の2種類あり、総柄は着物全体に柄があり、飛び柄は飛び飛びに柄があります。 小紋を着ていく場所は初詣、クラス会、誕生会、観劇、お稽古、ショッピング、街着など改まった式事など以外であれば普段着、お洒落着として着用範囲の広い着物です。

着方としては、昔から「染めのきものに織りの帯」と言われるように、織りの帯を合わせても構いませんし、染めの帯を合わせても問題ありません。 ちょっとお洒落な装いをする場合であれば、小紋に染めの名古屋帯などが非常に良く似合います。普段着として小紋を着用する場合は、「こうじゃないと駄目」といった事にとらわれず、自分のセンスでお洒落を楽しむとよいでしょう。

例外として「江戸小紋」があります。江戸小紋とは小紋の中でも色無地のようにも見える着物です。非常に小さい柄を型染めしたもので、遠くから見ると無地に見える小紋の事です。

代表的な物は「鮫小紋」、他にも「行儀」(小さいドットのような柄)や「角通し」(非常に細かいチェックのような柄)があります。 江戸小紋は小紋の中でも格が高く、 お茶席や七五三、入学式なにも着用が可能です。江戸小紋に紋を入れると一つ紋付きの色無地と同格になります。江戸小紋は特別な小紋だと思っておけばよいでしょう。


きもののことなら京都きもの市場へ!