着物塾>>着物の種類と用途> 喪服の種類と用途

喪服の種類と用途

喪服とは葬儀(告別式)の時に着用する着物です。読んで字の如く「喪に服するための服」という意味があります。

不祝儀の正装であり、葬儀では五つ紋付きの黒無地の着物を着ます。 この際の小物などは帯、帯揚げ、帯締め、草履、バッグなどは黒で統一してください。

喪服の紋は実家か婚家のどちらかの紋を付けます。どちらの紋をつけるかは、その地域の習慣などにより変わりますのでしっかりと調べておきましょう。ですが最近はどちらでも良いという場合も多いです。

長襦袢、半衿、足袋は白で揃えましょう。
喪服の用途は葬儀、告別式、通夜などです。重要な式なので、きっちりとした服装でお出かけください。

また、喪服は婚礼の際に必ず持っていく着物の一つです。婚礼前のお嬢様がいる場合、喪服は準備していた方がいいと思います。地域によっては必ず持って行くのが習慣だという地域もありますので、失礼のないように準備しておくことをおすすめします。


きもののことなら京都きもの市場へ!