着物塾>>着物の種類と用途> 留袖の種類と用途

留袖の種類と用途

留袖とは既婚女性(ミセス)の着用する着物中では、最も格式の高い着物です。振袖の袖を落としたものです。その名の通り全体を黒で染めたものを黒留袖、色で染めたものを色留袖といいます。

黒留袖は既婚者(ミセス)のみしか着用できず、色留袖は未婚者(ミス)でも着用が可能です。 また、留袖は着物の中でもっとも格が高い「正礼装」にあたりますので、黒留袖には必ず染め抜きの日向紋5つ(五ツ紋)を入れます。

色留袖の場合は、今は決まりがそれほどなくなり三ツ紋の場合が多く、それほどこだわらなくても良いでしょう。色留袖の中には紋をつけずに訪問着感覚で着る場合もあります。

あまりないかとは思いますが、皇族と面会する既婚女性は「色留袖」を着ることが多いです。理由は宮中では黒がタブーとされていたためです。

黒留袖の用途は、結婚式や披露宴での新郎新婦の母親、親族の方、仲人の席など立場の重い列席者となる場合に着る着物です。 色留袖は結婚披露宴に招かれたときや初釜、祝賀会、年賀、新婦の挨拶まわりなどに使用します。


きもののことなら京都きもの市場へ!