着物塾>>着物の種類と用途> 付け下げの種類と用途

付け下げの種類と用途

付け下げとは略礼装にあたります。付け下げと訪問着は非常に良く似ており、どのように違うのかがよくわからない方も多いのではないでしょうか。 訪問着との違いは、身頃や肩から袖にかけての模様がつながっていない場合が多いことです。

訪問着の場合は一枚の絵のようにつながっているのですが、付け下げの場合は反物で作るためつながっていない場合がほとんどです。 さらに訪問着とは違い、柄が少ない(小さい)場合が多く、訪問着ほどの華やかさは付け下げにはありません。

控えめな分茶席などには非常に人気が高いです。 また、柄や帯、小物の合わせ方しだいで小紋感覚の普段着としても使用できますので着用範囲は訪問着よりも高いです。

用途は披露宴、表彰式、年賀、初釜、パーティーなど訪問着とほぼ同じ。柄によっては普段着でも着用が可能です。 普段着として使用する場合は名古屋帯などで格を落としてあげるとよいでしょう。

現代は訪問着のような柄の付け下げを「付け下げ訪問着」などと呼んだり、小紋のように全体的に柄のある付け下げを「付け下げ小紋」などと呼びます。 最近では他にも、大島紬、結城紬などでも付け下げの柄が入っている場合があります。

この場合、付け下げの柄ではありますが、紬自体が普段着であるために、式事など改まった席では着用できません。あくまで普段着になりますのでご注意を。


きもののことなら京都きもの市場へ!