着物塾>>着物の種類と用途> 紬の種類と用途

紬の種類と用途

とは糸の状態で染めてから反物に織る「先染め」の着物の代表です。紬には各産地の名前が付けられていることでも有名ですね。

用途としては、基本的には普段着からお洒落着に着る着物になります。普段着、観劇、買い物、同窓会、食事などに使用します。

紬の特徴は後染めの着物と違い、渋い光沢があります。よって着物通の方々に愛され続ける素晴らしい着物です。最初はパリッとしていてごわごわしますが、着込んでいくうちにどんどんと体に馴染んできて着やすくなります。

また、着物の中でも耐久性に優れ、非常に長持ちし、親子何代にも渡って着繋がれる事が一番多い着物でもあります。

有名な紬は「大島紬」「結城紬」「牛首紬」が三大紬として非常に有名。紬の最高級品として聞いたことがある人も多いのではないでしょうか? 他にも「米沢紬」「上田紬」「郡上紬」「塩沢紬」などは広く流通しており、産地独特の柄が楽しめます。

最近では紬で出来た訪問着、「紬訪問着」などといわれる物もあります。ですが紬であることに違いはないので、あまりフォーマルな場所に着ていくのは遠慮した方がよいでしょう。

コーディネートとしては名古屋帯や半幅帯などを合わせるとよいでしょう。 重ね衿は使用せず、帯締め、帯揚げなどはあなたのセンスが問われます。


きもののことなら京都きもの市場へ!