内職アフィリエイト塾>>>アフィリエイトサイト作成Tips>>SEO> リニューアルしてもYahoo!カテゴリ利用率は世界1位

リニューアルしてもYahoo!カテゴリ利用率は世界1位

YST(Yahooの検索エンジン)のSEO対策において重要視されているYahoo!カテゴリだが、Yahoo!JAPANのTOPページのリニューアルによって、Yahoo!カテゴリ経由のアクセスに関しては大分減るんだろうなと思っていたらそうでもないらしい。

参考:トップページのリニューアル後も「Yahoo!カテゴリ」利用率は世界ダントツ1位、まだまだ根強い「ディレクトリ検索」:MarkeZine

「Yahoo!カテゴリ」利用者数の減少が予測されていたが、実際にはトップページ経由の利用者は242万人から44万人に激減したものの、検索結果ページ(search.yahoo.co.jp)やニュースページ(dailynews.yahoo.co.jp, headline.yahoo.co.jp)のリンクからの流入が大幅に増加したため、「Yahoo!カテゴリ全体」の利用者は前月から2.2%増となる 912万人となっている。

これには正直びっくりだ。私はYahoo!カテゴリ登録を目指すサイトを作成する以外に、通常検索ではほぼカテゴリーを利用しない。というか最近は検索エンジンすら使わない(もっぱらはてぶ利用)のだが、普通の人は使うらしい。ちなみに海外では、

欧米主要国における各国版「Yahoo!カテゴリ」のリーチが1%未満である

ということで、この傾向は日本で独特なものだそうだ。個人的には、ある程度のネット上級者になればなるほどあまりカテゴリーを使わないような気がする。私の周りのある程度ネットに詳しい人たちはほとんど使わないとの事だが、利用者が増えているという事実がある以上、やはり使われているのだろう。

やはり、TOPページからディレクトリへのリンクが無くなって、サイト運営者などは「利用者が減るだろう」と思いがちな所だが、実際のユーザーの動きはそうではないことも多い。これは通常のサイト運営においても重要な事の気がする。

こうしておけば良いだろうというこちら側の考えだけでサイトを作っていると、ユーザーからしてみれば意味がなかったり、これはいらんだろうと思って作らないと、「なんでないんだ」と思われているのかもしれない。

こちら側の当たり前の感覚でサイトを作成しているだけでは駄目なんだと思いました。これを機に、普通の人にサイトを見てもらって、使いやすさとかナビゲーションなどを見てもらう必要があるかもしれない。というか見てもらわないと駄目なんだと思う。

視点の違いを考えないと駄目なんでしょうね。ともあれYahoo!カテゴリはまだまだ利用されているとの事ですし、SEOにも重要なので、是非カテゴリ登録は狙っていきましょう。
関連:Yahooカテゴリ申請のコツYahooカテゴリ登録のコツ

Yahoo!ブックマークに登録
このページを Google Bookmarks に追加
はてなブックマークに登録
このエントリを del.icio.us に登録
この記事をクリップ!
Buzzurlにブックマーク

コメント

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、スパム対策のために管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。表示されないからといって再度コメントを投稿する必要はありません。E-mailとUrlは無理に入力する必要はありません。)

トラックバック

ブログパーツ