ロボット型とディレクトリ型検索エンジン

検索エンジンにはロボット型ディレクトリ型があります。

ロボット型検索エンジンはクローラーと呼ばれるプログラムがホームページのデータを自動的に収集し、蓄積していきます。

そしてそのデータを元にキーワードで検索した際にそのキーワードに関連するページが検索結果にランキング表示されます。このランキングで上位に表示させようというのがSEO対策です。

ロボット型検索エンジンの代表は「Google」

ロボット型検索エンジンは基本的にすべて自動で運営され(例外もあり)、各サイトの情報もクローラーによって自動的に収集されます。どのように収集していくかというと、リンクをたどってクローラーはやってきます。

したがってサイトを検索エンジンに登録するには検索エンジンに登録されているどこかのページからリンクされる必要があります。リンクされていれば、そのリンクをたどり、あなたのサイトの各ページも登録されていきます。

ディレクトリ型検索エンジンの代表は「Yahoo」

ディレクトリ型検索エンジンは、人の手によって管理され作られている検索エンジンです。各カテゴリによって管理されています。人の審査による登録のため、登録されるのは簡単ではありません。ディレクトリ型検索エンジンの代表はヤフーです。(ヤフーはロボット型とディレクトリ型の両方を使用しています)

ヤフーはアクセス数が多いので、ヤフーのカテゴリに登録されるとアクセス数も見込めます。したがってアクセスアップを考えた時、これら2つの対策を考える必要があります。

このページの先頭へ