Googleサイトマップの作り方

GoogleにはGoogleサイトマップという便利なツールがあります。これを使用すれば自サイトに存在するすべてのページをグーグルに知らせることができ、グーグルが自サイトをインデックスする際の取りこぼしを防ぐ可能性が高くなります。

他にも自サイトのクロール状況、検索クエリに関する情報、ページ分析、外部リンクと内部リンクの数など自サイトの状況を知ることができる非常に優れたSEOツールです。インデックス対策や今後のサイトのアクセスアップのための対策も含めてこれを使用しないのは損です。ここではグーグルサイトマップの作り方と登録方法を解説します。

まずGoogleウェブマスターツールにてグーグルのアカウントを取得します。もちろん無料です。GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)などを使用しており、すでにアカウントをお持ちの方はそのアカウントでログインします。

sitemap.JPG
するとこのような画面が現れますので、自サイトのURLを入力します。その後、
sitemap2.JPG
この画面からサイトの確認をクリックします。

すると確認の方法として選択肢があり、「METAタグを追加」と「HTMLファイルをアップロード」というのがあります。「METAタグを追加」を選んでください。するとその下にMETAタグが表示されますので、それをコピーします。

このメタタグをあなたのサイトのトップページのHTMLの<head>から</head>のどの部分でも構いませんが、</head>のすぐ上辺りがいいと思います。このタグをあなたのサイトに貼り付けてアップロードした後に、そのグーグルウェブマスターツールの確認ボタンをクリックしてください。すると「確認に成功しました」というメッセージが表示されます。

次にサイトマップを作りましょう
サイトマップは独特のタグで作成されます。初心者はいまいちわけが分からなくなる場合が多いと思います。そこでサイトマップを作成してくれるサイトを利用すれば簡単に作成することができます。

Google Sitemap Generatorを使用させていただきましょう。海外のサイトですが、簡単にサイトマップが作成できます。このサイトのurl to mapというところに自サイトのURLを入力。
sitemap3.JPG
そしてCreate Mapをクリックしてください。すると作成が始まりますので、少し待ちましょう。作成が終わったら、
sitemap4.JPG
というボタンがあるのでクリックしてください。
するとずらっとタグが表示されますのでコピーしてください。そして新規にファイルを作りペーストしましょう。拡張子は.xmlで名前は任意ですが、「sitemap.xml」あたりがわかりやすくていいと思います。
sitemap5.JPG
こんな感じになると思います。そしてこれをあなたのサイト、ブログなどのサーバにアップロードします。ドメイン直下にアップロードしてください。
例:http://www.affiliatejyuku.com/sitemap.xml
これでサイトマップの作成は完了です。

サイトマップをグーグルに登録する
ウェブマスターツールにあるタブの中にあるサイトマップに進みます。
sitemap6.JPG

そして「サイトマップを追加」に進んでください。その後「一般的なウェブページのサイトマップを追加」を選び、先程アップロードしたURLを入力します。

お疲れ様でした。これでGoogleにサイトマップを送信することができました。次の日にでも確認すれば、ステータスがOKとなっていれば問題ありません。
sitemap7.JPG

これで完璧です。自サイトのインデックス対策として是非とも登録しておきましょう。

追記
サイトマップ用xmlファイルの作り方についてもっと簡単な方法がありましたので、サイトマップ用xmlファイルの超簡単な作り方(Google,Yahoo,MSN対応)をご覧ください。こちらの作り方の方が、Google以外のサイトマップにも対応していますのでおすすめです。

関連:
MSN(Live Search)のサイトマップ登録方法
ヤフーサイトマップの登録方法

インデックス対策

検索エンジンの検索結果に表示されるためには自サイトが検索エンジンにインデックスされていることが絶対条件です。

インデックスとは、Google(グーグル)YST(ヤフー)MSN(Live Search)などの検索エンジンが、クローラー、ロボット、スパイダーなどと呼ばれるプログラムを使用し、サイトの情報を収集、処理してデータベースに登録する事をいいます。

きっちりとインデックスされていないと、どれだけ有益なページを作成しても検索されることはないので意味がありません。また外部リンクと内部リンクでもお話したように自サイトのリンクも上位表示のポイントとなります。ですから、自サイトの各ページがインデックスされていないと内部リンクの効果もありません。

検索エンジンにインデックスされる基本的な方法は、「すでにインデックスされているページからリンクをもらうこと」です。リンクをもらえばクローラーなどがそのリンクをたどり、情報を収集しに来てくれます。

また、TOPページがインデックスされれば、そのリンクをたどり各ページもインデックスされます。まずはどこかのページからリンクしてもらうようにしましょう。

それをした上で念のため
Google URLの登録
Yahoo! 検索結果に表示させる方法
Live Search URLの登録
に登録しておくのが良いと思います。

さらにグーグルウェブマスターツールからグーグルサイトマップヤフーサイトエクスプローラーからYST(ヤフー)のサイトマップ、「Live Search Webmaster Center」からMSN(Live Search)のサイトマップを作成しておけば完璧です。これらサイトマップを使用することで、グーグルやヤフーに私のサイトのページはこれだけありますよと通知することができ、インデックスの取りこぼしを防ぎます。

これらの作業を行えば、インデックス対策はほぼ問題ないといってもいいでしょう。基本的なことなので必ず行うことをおすすめします。ちなみに自サイトのインデックス状況を知るには検索エンジンの特殊検索を参照下さい。

検索エンジンの特殊検索

SEOを施すとき、自サイトの情報やライバルサイトの情報は必要不可欠です。検索エンジンには通常のWEB検索の他に色々な特殊検索があります。これらはSEOに関して非常に重要な情報源となります。是非覚えておきましょう。

Googleの特殊検索

site:サイトURI
サイト内でGoogleにインデックスされているページが分かる検索。半角スペースの続けてキーワードを足せば、サイト内キーワード検索が可。自サイト内のインデックス数、キーワードの強さなどを調べるのに使用。比較的よく使用。httpありでもなしでも可能。

link:サイトURI
そのページにリンクしているサイトを検索可能。グーグルの場合はすべてが表示されているわけではなく、ランダムで数件表示。ちなみにこの検索で表示されているリンク元が重要なリンク先とは限らない。あくまでランダム表示。

intitle:キーワード
タイトルにキーワードを含むページを検索。

allintitle:キーワードA キーワードB
タイトルに全ての語句を含むページを検索。

intext:キーワード
ページに記述されたキーワードを検索する。タイトルはキーワードに含まれない。

allintext:キーワードA キーワードB
タイトル無視でページに全ての語句を含む検索。

キーワードA OR キーワードB
どちらかの語句が含まれるページを探す検索方法。

inurl:URL文字列
URLに特定の文字列を含むページを検索。

yahoo!(yst)の特殊検索

site:サイトURI
サイトのインデックス状況を表示。グーグルの場合と違い、こちらはhttpなしでのみ。httpをつけると表示されない。

link:ページURI
ページに対するリンクを検索。http入力が必要。数はすべてかどうかはわからないがグーグルと違い、かなりの数が表示される。

linkdomain:ドメイン
指定したドメインにリンクしているページを表示。トップページ以外にも下層のページにリンクしているページも表示される。

キーワード site:サイトURI
指定サイト内での検索。自サイトのキーワードでどのページが強いのかなどを調べるために用いればいいと思う。

intitle:キーワード
タイトルにキーワードを含むページを検索。

キーワードA OR キーワードB
いずれかの語句が含まれるページを検索。

ブログパーツ