インデックス対策

検索エンジンの検索結果に表示されるためには自サイトが検索エンジンにインデックスされていることが絶対条件です。

インデックスとは、Google(グーグル)YST(ヤフー)MSN(Live Search)などの検索エンジンが、クローラー、ロボット、スパイダーなどと呼ばれるプログラムを使用し、サイトの情報を収集、処理してデータベースに登録する事をいいます。

きっちりとインデックスされていないと、どれだけ有益なページを作成しても検索されることはないので意味がありません。また外部リンクと内部リンクでもお話したように自サイトのリンクも上位表示のポイントとなります。ですから、自サイトの各ページがインデックスされていないと内部リンクの効果もありません。

検索エンジンにインデックスされる基本的な方法は、「すでにインデックスされているページからリンクをもらうこと」です。リンクをもらえばクローラーなどがそのリンクをたどり、情報を収集しに来てくれます。

また、TOPページがインデックスされれば、そのリンクをたどり各ページもインデックスされます。まずはどこかのページからリンクしてもらうようにしましょう。

それをした上で念のため、

に登録しておくのが良いと思います。

さらにグーグルウェブマスターツールからグーグルサイトマップヤフーサイトエクスプローラーからYST(ヤフー)のサイトマップ、「Live Search Webmaster Center」からMSN(Live Search)のサイトマップを作成しておけば完璧です。これらサイトマップを使用することで、グーグルやヤフーに私のサイトのページはこれだけありますよと通知することができ、インデックスの取りこぼしを防ぎます。

これらの作業を行えば、インデックス対策はほぼ問題ないといってもいいでしょう。基本的なことなので必ず行うことをおすすめします。ちなみに自サイトのインデックス状況を知るには検索エンジンの特殊検索を参照下さい。

このページの先頭へ